組織・研究室

ホーム >  組織・研究室  >  光合成・構造生物学研究コア

光合成・構造生物学研究コア

光合成・構造生物学研究コアは、構造解析研究分野、機能解析研究分野、人工光合成研究分野の3つの研究分野から構成され、酸素発生型光合成反応に関与するタンパク質の構造や機能と光合成反応をモデルにした人工光合成システムの研究を行っています。構造解析研究分野では、光合成における光エネルギーの高効率利用機構や光誘導水分解反応機構を原子レベルで解明することを目指し、光合成の光エネルギー変換反応を担う2つの光化学系複合体の構造解析をSPring-8の高輝度放射光X線やX線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAを利用して行っています。機能解析研究分野では、遺伝子工学により環境ストレス耐性生物を創成し、タンパク質工学により光合成タンパク質に電力や水素を発生させるデバイスを開発することを目指し、光合成電子伝達系タンパク質の機能の分子レベルでの解析を行っています。人工光合成研究分野では、可視光エネルギーを利用して水を分解し酸素を発生したり、二酸化炭素の還元を可能にしたりする人工光合成システムの構築を目指し、光合成生物の酸素発生複合体の構造をモデルにし、高効率に水を光分解し酸素発生することができる新規な遷移金属錯体触媒の開発を行っています。

構造解析研究分野

沈 建仁 グループ 研究室HP

機能解析研究分野

高橋 裕一郎 グループ 研究室HP

人工光合成研究分野

鈴木 孝義 グループ 研究室HP

進化・構造生物学研究分野

Robert Robinson グループ 研究室HP