異分野基礎科学研究所の沈教授がグレゴリー・アミノフ賞授賞式に出席

本学異分野基礎科学研究所の沈 建仁教授が、6月13日にストックホルムの市庁舎で行われた、スウェーデンロイヤルアカデミーのグレゴリー・アミノフ賞授賞式に出席し、スウェーデン国王により賞状とメダルを授与されました。

沈教授は、同国王出席のもと開かれた晩餐会にも招待され、翌6月14日には、同ロイヤルアカデミーで開催された受賞記念講演会において、光合成の水分解反応機構についてこれまでの成果を紹介しました。

同賞は結晶学に卓越した貢献をした個人に授与されるもので、沈教授は、「生物学における酸化還元金属クラスターの機能解明への根本的な貢献」により、Douglas Rees教授(カリフォルニア工科大学)と共同で2020年に受賞しましたが、新型コロナウイルスの影響で授賞式は延期されており、この度、同ロイヤルアカデミーの年会に合わせて開催されました。

参考:2019年9月18日 異分野基礎科学研究所の沈教授が、スウェーデン王立科学アカデミーより「グレゴリー・アミノフ賞」を受賞

【本件問い合わせ先】

異分野基礎科学研究所 教授 沈 建仁
TEL:086-251-8502

スウェーデン国王から賞状とメダルを授与され、同国王と握手する沈教授

グレゴリー・アミノフ賞の賞状とメダルを手にする沈教授


異分野基礎科学研究所 齊藤助教(特任)が日本蛋白質科学会の若手奨励賞を受賞

日本蛋白質科学会若手奨励賞は、同学会が蛋白質科学の発展に貢献した成果をあげた若手研究者10名程度に対して贈呈するものです。
このたび、齊藤恭紀助教の「イネ由来ケイ酸チャネルによるケイ酸透過機構の構造基盤」の研究に対して、蛋白質科学の発展に著しく貢献したことが認められ、2022年度の日本蛋白質科学会若手奨励賞が授与されました。これまでに同賞は異分野基礎科学研究所の菅倫寛教授が授与されています。

Assist. Prof. Saito received the Award
中川敦史学会長より奨励賞を授与される齊藤助教

研究集会 非線形偏微分方程式の定性的理論(2017年9月17日-9月19日)

2017年9月17日(日)~9月19日(火)の日程で,研究集会「非線形偏微分方程式の定性的理論(俣野博先生65歳記念研究集会)」を開催いたします。詳しくは,以下のウェブページをご覧ください。

http://www.math.okayama-u.ac.jp/~taniguchi/matano2017/index-j.html

【連絡先】
 異分野基礎科学研究所 教授 谷口雅治
 TEL: 086-251-7798


Assistant Professor Position in RIIS (due Mar. 31, 2017)

Assistant Professor Position in Research Institute for Interdisciplinary Science (RIIS) at Okayama University, Japan

One assistant professor is available in the Research Institute for Interdisciplinary Science (RIIS) at Okayama University. This Institute has recently been established at Okayama University to foster research in the areas of mathematical science, neutrino physics, solid state physics, materials science and chemistry, photosynthesis, and structural biology. RIIS is currently seeking a theoretical physicist (M/F) who can contribute to the research project ‘Quantum Physics for Superconductors’, in particular to an investigation of structure, magnetism and superconductivity in iron chalcogenide superconductors supervised by Prof. Harald O. Jeschke. Scientists applying for this position must be highly motivated and qualified.

The position is full time and the initial term is two years; however, depending on research outcomes, the possibility exists for extension until January 2022. Citizens both of Japan and of other countries are welcome to apply. The position is available immediately. Once a decision has been made, this offer will be closed.

Further information about the position is available by email from Prof. Harald O. Jeschke (jeschke@okayama-u.ac.jp). Applicants can access information from the web page http://www.physics.okayama-u.ac.jp/jeschke_homepage and the RIIS website: http://www.riis.okayama-u.ac.jp/en/.

Supporting documents (in English only) required for application:

  • Curriculum vitae (CV) (with contact address and e-mail address)
  • List of publications and grants
  • Statement of research interest and achievements (1-2 pages)
  • Vision/plans for future research (1-2 pages)
  • At least two references

All documents should be submitted by 31 March 2017, through the following website: http://reg.riis.okayama-u.ac.jp/cgi-bin/reg2.cgi/riis3. After your submission, please send Mr. Yasushi Katsube of the RIIS staff (katsube-y@adm.okayama-u.ac.jp) an email informing him that you have applied for a position and submitted the relevant documents.


講演会 11月10日 Bob Robinson氏「Actin Filament Systems in Health and Desease」

下記の要領で分野基礎科学研究所講演会を開催いたします。
どなたにもご参加いただけますので,関心をお持ちの方は是非ご出席ください。
(11月7日追記 部屋と開始時刻が変更になりました)

【日時】 平成28年11月10日(木)13時30分~14時30分
【場所】 岡山大学理学部2階 第32講義室
【演者】 Prof. Bob Robinson (Research Director, Institute of Molecular and Cell Bioloby, A*STAR, Singapore)
【演題】 Actin Filament Systems in Health and Desease(概要

※ 問合せ先: 分野基礎科学研究所 光合成・構造生物学研究コア 沈建仁,高橋裕一郎

講演会 10月7日 Nikolai Zhigadlo氏「Exploring novel materials by high pressure and ceramic combinatorial solid state chemistry」

講演

「Exploring novel materials by high pressure and ceramic combinatorial solid state chemistry」

Nikolai Zhigadlo氏 Department of Chemistry and Biochemistry, University of Bern(Senior research chemist)

日時 2016年10月7日(金) 15:30~17:00
場所 理学部21番講義室

概要

連絡先 異分野基礎科学研究所 久保園 (内線7850)


講演会7月22日(Prof. Henrik M. Rønnow, スイス連邦工科大学)

RIIS Lecture

大会議室 (Main Conference room of Faculty of Science) 16:00 -17:00 of Friday, 22 July 2016

Prof. Henrik M. Rønnow, Head of Laboratory for Quantum Magnetism – LQM, École Polytechnique Fédérale de Lausanne – EPFL (Visitor Centre for Emergent Matter Science, RIKEN, President for Swiss Neutron Scattering Society – SGN)

Title: Hubbard heritage in undoped cuprates – and conjecture for finding new superconductors

Abstract:

Neutron Spectroscopy is a powerful technique to measure magnetic excitation spectra. I will present how neutron spectroscopy allow us to reach very detailed understanding of the 2D Heisenberg antiferromagnet and how this model is derived from the Hubbard model at half filling. This allowed establishing a unified one-band hubbard model for a series of undoped cuprates, and allowed developing a new theory that suggests fractionalization of spin-waves into deconfined spinons at high energy. In the second part I will show how neutron spectroscopy reveals similarities between cuprates and iron based superconductors and present a conjecture for how to find new superconductors with the aid of next generation neutron spectrometers (CAMEA), allowing spectroscopy from sub-mm3 crystals.

Contact person, Yoshihiro Kubozono (RIIS) ex 7850