ニュース

ホーム >  お知らせ  >  沈副所長・教授が平成29年度科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」の領域代表に内定

沈副所長・教授が平成29年度科学研究費助成事業「新学術領域研究(研究領域提案型)」の領域代表に内定

本学異分野基礎科学研究所(RIIS)の沈建仁副所長・教授が6月30日、平成29年度科学研究費助成事業(科研費)「新学術領域研究(研究領域提案型)」[New window]の領域代表に内定しました。
 同事業は、多様な研究者グループにより提案された、我が国の学術水準の向上・強化につながる新たな研究領域について、共同研究や研究人材の育成、設備の共用化等の取組を通じて発展させることを目的としています。
 今回、沈教授は「光合成分子機構の学理解明と時空間制御による革新的光-物質変換系の創製」(略称:革新的光物質変換)(研究期間:平成27~33年度)の研究領域代表を務める予定です。当該領域研究では、植物などが行う天然光合成の作動原理を原子レベルで解明し、その原理を利用して太陽エネルギーの高効率変換・有用物質生産を目指した人工光合成システムの開発につなげ、社会が直面するエネルギー問題、環境問題の解決に貢献します。
 今回の採択を受けて沈教授は、「これまでの私たちの研究成果が評価され、今回の研究領域の採択につながったことを大変うれしく思っています。天然光合成の分子機構はまだ十分解明されておらず、また、それを利用した人工光合成系の開発にもまだ多くの課題が残っています。本領域の研究を通して両分野を大きく発展させ、世界をリードする成果を輩出することを期待しています」とコメント。これからの5年間の研究活動に意欲を見せました。

詳しくはこちら

2017年度
2016年度
ニュース
セミナー&イベント