Division of Quantum Universe

Research sector of Atomic Neutrino Spectroscopy

吉村 太彦 グループ

想定されるニュートリノ質量が原子のエネルギー準位間隔に近いことを利用して、「原子を用いたニュートリノ質量分光 SPAN (SPectroscpoy with Atomic Neutrino)」を推進している。レーザーやマイクロ波、量子干渉技術等、原子物理の多彩な実験手法を駆使することにより、原子からのニュートリノを観測してニュートリノの未知パラメータを決定することを目指している。最近の研究では、パラ水素分子標的の振動準位(v=1)に断熱ラマン過程により遷移させ、コヒーレントな2光子の対放射を観測したことより、「マクロコヒーレンス増幅機構」の根幹をなす部分の検証に成功した。

Research Sector of Advanced Quantum Beam

笹尾 登 グループ
吉村 浩司 グループ

原子核遷移としては極めて特異にエネルギーが低いトリウム229のアイソマー遷移の探求とその応用(超高精度原子核時計)、コヒーレントに励起されたイオンビームを磁場内で加速した際の特異な放射の研究、等の新基軸の基礎研究を、高輝度放射光施設(SPring-8, 高エネルギー加速器研究機構)、重イオン源施設(理化学研究所)、レーザー施設(岡山大学)において、最先端の光量子科学技術を融合・発展させることにより、国内外の共同研究者とともに推進している。

Research Sector of Mathematical Science

TANIGUCHI Group

In Research Sector of Mathematics, Prof. Masaharu Taniguchi studies traveling waves in reaction-diffusion equations, and Prof. Seiichiro Kusuoka studies stochastic differential equations. Many graduate students attend seminars and lectures, and are studying Mathematics everyday.
This picture represents level sets of an axially non-symmetric traveling front (T, SIAM J. Math. Anal. 2015). This traveling front shows that a spatially isotropic reaction-diffusion equation does have axially non-symmetric propagation. (Figure 1: An axially non-symmetric traveling front)